健診医師求人サイトランキング【※人気の健診求人をお探しの方へ】

健診医師求人TOP >> 業務内容で選択する >> 乳幼児健診

乳幼児健診の医師求人

乳幼児健診では、乳幼児に少しでも害があるようなものは薬、医療機器は当然ながら一切使いません。初めて子供を産んだ人は毎日が戦いのようなもので、なにも分からないなかから、医師や助産婦さん、看護師さんやママ友などから情報を集めて、日々をなんとかこなしていきます。余談ながら、乳児の定義は、1歳未満、幼児は1歳6ヶ月から4歳までの子供を指すそうです。

母乳で気をつける点や離乳食まで、いまはママ雑誌が多く発売されていますし、ネットの情報もあるので、子育てのマニュアルに困ることはありませんが、実際、子育てはマニュアル通りにはいかないものです。そんなこんなで、悩みを相談する人がいなくて、育児ノイローゼになってしまう人もいるほどです。

世界中のどこにも、完璧なお母さんなんていませんから、まずは肩の力を抜くことです。ただし、いまは産科も婦人科も人手が足らないので、一人一人の状態に細かく応じたり、気づいてあげる余裕がある医療スタッフがいません。そのせいで、昔よりも孤立感を深めたり、うまく相談相手を見つけられない新米ママもいるのです。

検査項目の中で、一つで問題や、健康上の懸念があるとそれだけで落ち込んでしまったり、必要以上に心配したり、将来を悲観的に考えてしまう母親もいます。乳幼児健診に携わる医師は、身体的な症状の早期発見だけでなく、母親の精神的ケアにあたることも求められるでしょう。身体発育が遅かったり、また言葉やハイハイが遅い、それから脊椎や胸、四肢の運動障害、アレルギー、などいまの子供には様々なケースが考えられ、五体満足で産まれてきたはずなのに、とますます我が子への不安を募らせてしまいます。視力、聴覚になんらかの問題があるケースもありますので、乳幼児健診は指示された年齢で必ず参加するようにしてください。

ただ、満3歳くらいになると、そうした心配も取り越し苦労だったことに気づいたり、病弱だった子が急に元気一杯になったり、学校に馴染めなかった子がお友達が沢山できたりして、年を重ねるごとに、親の心配そっちのけで、どんどん成長していくものです。その子ごとに体の弱い部分などもありますが、そう心配しすぎることはかえって子供にとって、よくないでしょう。

もちろん、先天性の疾患を抱えていたり、小児がんで苦しむ子供もいます。小児科病棟に入院、退院を繰り返す子供をみているのは親としても辛いことです。でも、医療スタッフに支えられ、治療の効果がでてきてだんだん病気が良くなってくる事を信じて、一緒に頑張りましょう。乳幼児健診、小児科や新生児のICUで働く医師には、とくに細やかな気遣いや優しさが必要となります。

とかく他の子供と比べてしまいがちな自分の子ですが、やはり自分の子は世界一可愛いものです。なにがあってもこの子を守る、そして愛情一杯に育てれば、子供はそれに答えて、まっすぐな良い子に育つのではないでしょうか。乳幼児健診などにあたる医療スタッフも、もちろん病気の子供を全力でバックアップすることが求められます。親が子供から教わること、そして医療現場で病気と戦う子供から教えられることはとても多いということです。

健診医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>健診医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015 健診医師求人サイトランキング【※人気の健診求人をお探しの方へ】 All Rights Reserved.