健診医師求人サイトランキング【※人気の健診求人をお探しの方へ】

健診医師求人TOP >> 業務内容で選択する >> 婦人科検診

婦人科検診の医師求人

婦人科検診は、いま最も必要性が叫ばれており、乳がんのためのピンクリボン活動などで知られていますが、これだけの啓蒙活動にもかかわらず、乳がんになる人、または検診を怠る人が多いのが現状です。食生活や生活習慣の変化、晩婚化、一生に女性が産む子供の数が減ったことから、乳がんや子宮体がんなども増えてきていますし、子宮頸がんなどは、若い人を中心にかなり増えています。

乳がんの早期発見にはマンモグラフィーと超音波、子宮頸がんや子宮体がんは細胞診や組織診、子宮内膜症や、子宮筋腫ならMRIと、女性の検診には様々な医療機器が使われています。早期発見をすれば、お腹を開く事無く、また胸を切ることなく、ガンを取り除くことができますから、患者さんの負担も少ないです。上皮内がんなら、内視鏡、腹腔鏡で簡単に日帰り治療で完了する事も多くあります。

子宮内膜症や子宮筋腫は女性には非常に一般的な疾患で、場所によっては、不妊症や月経困難症に繋がることがあるので、手術がすすめられますが、それらも正確な画像診断があってこその手術です。女性の場合、かかりつけの婦人科があり、必ず定期的に通って検診を受けることが最も大事だといえるでしょう。マンモグラフィーや超音波、MRIなど、女性の疾患を早く見つけてくれる検診は、各市区町村でもある一定額を負担していますから、かなり格安の値段で受けることができます。必ず受けてください。

女性のための検診車、マンモグラフィー専門の検診車などもいまは見かけるようになりました。医療現場の人がどんなに頑張っても、個人が検診にいかなければなにも始まりません。より自分の体のことに真剣に向き合い、婦人科の定期検診は必ず受けるなければいけません。また、定期的な受診を促すのも、健診医のつとめでもあります。

健診医など医療現場の人も、多くの女性疾患の症例を診れば診るほど、また経験を積むほど、確実な判断ができるようになります。婦人科だからといって、女医さんである必要はないのですが、女医や女性の放射線技師に撮影をサポートしてもらった方が、安心する患者さんも多いのが事実です。女性が活躍する職場としてはイチオシです。

ただし、働く環境としては、いま産科、婦人科の医師数が少なくて、閉鎖する医院なども増えていますので、検診医の役割だけではなく、外来診療なども一緒に診る場合が多いでしょう。患者の数が多く、あまりじっくりと患者と話をできないこともありますから、仕事の状況、職場環境をよく確認してから、働き方を慎重にえらんで入局したほうがいいでしょう。ただし、やりがいはありますし、やはり産科医だからこそ味わえる喜びや楽しさもあることでしょう。

健診医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>健診医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015 健診医師求人サイトランキング【※人気の健診求人をお探しの方へ】 All Rights Reserved.