健診医師求人サイトランキング【※人気の健診求人をお探しの方へ】

健診医師求人TOP >> 業務内容で選択する >> 妊婦健診

妊婦健診の医師求人

妊婦さんのお腹の中を診るのに、使われているのは超音波、つまりエコーです。これによって赤ちゃんがきちんと育っているかを確認することができます。妊娠中は、食事から薬の服用まで気をつけなければいけないことが沢山ありますし、初めて出産する場合には、体重を増やしすぎてしまって怒られることもあるとか。

体重の管理だけではなく、体がどんどん不自由になるなかで妊婦さんは感情的にもデリケートになりますし、ストレスを溜めがちです。それでも子供の誕生の際には、いままで経験をしたことのない喜びがあるといいます。

妊娠中に気をつけなければならない点として、妊娠に気づかずに、X線検査などを受けてしまうことです。胎児に影響を与えることがある、健康診断としては、胸部のレントゲン、バリウムなどを飲む、消化器官の造影、胸部や腹部のCT検査などです。それらは放射線被爆の可能性があるので、なるべく避けたほうがいいでしょう。

すこしややこしいですが、心電図、血圧、またMRIなどは磁気を使う診断ではありませんから、これらはあまり神経質にならなくても大丈夫です。ただ、上記の被爆が懸念される検診を妊娠に気づかずに受けてしまったとしても、ごく微量ですので、あまり大げさに心配することもありません。飛行機に乗るときの検査も、同様に心配なさる妊婦さんがいますが、あまり影響はないですしもしどうしても気になるようななら、係員さんにいえば、X線を通らずに、ボディチェックだけで済むこともあるようです。

神経質になりすぎてもいけないですし、逆に無頓着すぎても困ってしまうのが妊娠中の女性です。色々個人によって性格も違いますし、生活習慣や食べ物の好み、またつわりの出方まで色々です。それぞれの人にあった適切な指導をしながら、大変な妊娠の時期を乗り越えられるようにお手伝いをしてあげてください。

何度も言うようですが、産科、婦人科の医師は数が不足していると言われているので、妊婦健診などにあたる医師の臨床現場はかなり忙しくなると思いますが、日本の少子化防止に貢献しているということで頑張ってください。実際戦いのような毎日かもしれませんが、やりがいはある筈です。

転職の際の交渉の仕方によっては、年収などもかなり好条件を引き出すことができます。場所や待遇、働き方などを選んで仕事探しができる転職エージェントなどに話を通してもらうと、婦人科の臨床経験があれば、難なく仕事を見つけることができます。あとはあなた自身の満足度が大事でしょうか。こればかりはなんとも言えないので、自分なりにやりがいを見つけられる職場、通勤が楽な場所など、挙げられるメリットが多いところに決めるのもいいと思います。

健診医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>健診医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015 健診医師求人サイトランキング【※人気の健診求人をお探しの方へ】 All Rights Reserved.